読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロジェクト無計画

すきなものを、すきなだけ

朔くんの性別について

ブログを書くにあたり最初に話しておいた方が逐一説明しなくて良いというのが建前、自己顕示欲のカタマリなのでぼくのことを喋りたいというのが本音シリーズ。(特に続かない)

 

ぼくの生物学上の性別は女性である。

生物学上、という歯にモノが挟まったような、一昔前の女オタクが使うような、なんともむず痒い表現をするが、それ以外に当てはまる言葉がない。この話をするにあたって然程関係はないが、実際問題ぼくはまるでダメなオタクである。

それじゃあ、生物学上ではない性別、まあ、言ってしまえばこころの性別は男性なのか。端的に言えば性同一性障害とか、そういうものなのか。

違うといえば違うし、そうだといえばそう。

もにょっと曖昧な感じなのは、ぼく自身答えが出せていないし、これからも答えを出す必要がないと思っているからでして。

女性かと聞かれれば明確に違うと言い切ることができるし、どちらかといえば男性寄りだとは思うけれど、それでも、ぼくは化粧をすることも嫌いではないしかわいいものやきれいなもの、つまるところ女性が好むものが好きだし、最近じゃあ開き直ってスカートをはいたりもする。

それって女性ってことじゃんとか、性指向と性自認はイコールじゃないとか、まあ色々考えるが、うん、とりあえず、中性ということで落ち着いている。

これもとってもむず痒い。自身の性自認に名前をつけるのがむず痒い。口の端っこ、頬のあたりがひくひくする。

これでも大学生くらいまでは何とか自分のこの曖昧なこころに名前をつけようと躍起になっていたのだけれど、とある二次元アイドルに出逢って考えを改めた。「性別なんて関係ないよね、あたしはあたし」、その言葉にビビッときてしまったのだ。単純なものだ。わかる人にはわかる、その人のことはまた追々。

とにかく。男であるとか女であるとかそれってどっちでもいいんじゃない? ぼくはぼくであって、ぼくらしく居られればそれでいいんじゃない?

すとんと納得して肩の荷が下り、今はだいぶ気楽に生きている。

ちなみに、ぼくの恋愛対象はどちらかといえば女性である。男性と付き合ったこともあるし、今だって別に好きになれば男性であっても問題ないとは思うけど、隣にいるのはきれいだったりかわいかったりする良い香りのする女性であってほしい。欲望丸出しの思考回路。

さらに言えば、おそらく好きになった相手にも、性的感情は抱けない。ハグとかキスをしたいくらいは思うかもしれないけど、セックスとかはたぶん無理。想像するだけでちょっと無理。きれいなお姉さんとならギリいけるかもしれない。少なくとも男性は確実に無理。専門用語ではロマンチック・エイセクシャルとか言うっぽい。なにそれかっこいい。

 

朔くんの性別について論争はきっと一生解決されない問題なんだろうな。

でも、別に曖昧でも死ぬわけじゃないし、曖昧で中途半端な感じがかえってぼくらしくて、そんな自分がわりと好きです。

書いてるときに聞いてたBGM:ハイタ/ルワン

www.nicovideo.jp

おはよう

本日はお日柄も良く。
切りのよいところで4月1日にはじめる予定だったけれど、何だか嘘みたいだし。
なんて思っていたら、いつの間にやらすでに3週間近くが過ぎようとしている。
おはようございます。
朔です。はじめ、と読みます。どこを切り取っても中途半端、そんな人間です。
自分のこと、他人のこと、好きなこと、色々なことを考えるのが好きです。
嫌いなことを考えるのはあまり好きじゃない。
でも、嫌いなことを考えて思考のうみに溺れかけることがよくあります。好きなものもしかり。
ここはそんなぼくのためのうきわです。
溺れてしんでしまわないように、飲み込んで溜まった水を吐きだす場所。
なんて。かっこつけた言い方をしているけど、ようは色々と吐きだすところが欲しいってことで。
きれいな言葉きたない言葉、そりゃもうなんだって飛び出すかと思われますが、お付き合いいただけると幸いです。